pop印刷ってどんなもの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

popとは、Point of purchase advertisingの頭文字を取ったもので、顧客が商品を見て買いたいなと思わせる広告をいいます。店頭や店内の陳列棚やレジなどに飾られる販売促進用の広告です。pop印刷した広告物があることで、お店や店内が明るく活気があるように見えます。そのお店に入ってみたい、その商品を手に取ってみたい、実際に購入してみようという気持ちの後押しをする役割があり、お店の売上に繋がる重要な情報提供ツールになります。
pop印刷された広告は、メーカーからの売り文句ではなく、まるでお店の店員が個人的にオススメしている生の声かのように、商品の魅力やメリットなど、客観的に表現された情報を素直な気持ちで受け止めることができます。

pop印刷をどう活用する?

pop印刷された広告を掲示する場所として、アウトまたはインショップ、商品まわり店内装飾の大きく4つに分けることができます。アウトショップ用は、お店の前を偶然通りがかった人が店内に立ち寄ってくれるよう、誘導を促すものです。入店を迷っている人が店の敷居をまたぎたくなるよう、店内の情報や雰囲気を伝える役割をします。インショップ用は、店内の雰囲気を盛り上げて、お客様が安心してこのお店の商品をいろいろ見て回りたいと思わせる演出効果があります。どんなお店かを訴求する重要な役割で、実際に商品を手に取ってみたくなるかどうかの決め手になることもあります。
商品のアピールポイントをダイレクトに伝える商品まわりのpop印刷は、購入に至るかの判断材料になります。決め手となるような重要な情報が届けるものです。店内装飾は、季節性のあるイベントの装飾をして売り場の雰囲気を盛り上げます。

pop印刷を使い分ける

4つのpop印刷の掲示カテゴリーも、ビジネスシーンによって使い方が異なってきます。小売店や飲食店やサロンなど、同業種が多く立ち並ぶエリアの中、いかにそのお店に入店したいと思わせるかが第一関門です。店内でイベントやセールなど、入店することで得られるメリットを外のお客様に伝える効果があります。セール開催中や新作入荷など店内の最新ニュースを伝える重要な装飾になります。
インショップ用や商品まわりは、お店のコンセプトを表現し、購入意欲につなげられるか、キーになる部分です。書店などは興味をそそる一言が添えられているものを見かけ、アパレルはブランドイメージが表現されているものを目にします。飲食店は店内のpop印刷を見ることで食欲も変わってきます。入店前に考えていたメニューよりもっと注文しようとなるケースも考えられます。

不動産担保でのご融資希望にも幅広くご対応致します!ドクターなら無担保・無保証のドクタープレミアム1000。 東京都豊島区にありますが、俊敏なフットワークで全国47都道府県ご対応しております。 3.80~14.80%の低金利でご案内いたします。 豊富な商品ラインナップで選べる返済回数!お電話でのお問合せもお待ちしております。 来店相談は事前にご連絡下さい。 popを印刷を依頼するなら通販サイトの【DIGITA】へ