カテーテルを利用

カテーテルでの治療に注目

カテーテルに関すること

カテーテルは、医療用に用いられている中空の柔らかい管です。体のさまざまなところの血管などに挿入して、体液の排出や、薬液や造影剤などの注入点滴などに用いられていて、さまざまな診療科で利用されています。初めて人体実験がされたのは、1929年にヴェルナー・フォルスマンが自分の腕を刺して、心臓まで届いたところをレントゲン撮影したことだとされています。のちにノーベル賞も受賞していて、医学に非常に重要なものになっています。

雨が起こすトラブル情報