交通事故問題は弁護士

交通事故の解決は弁護士

交通事故の最悪を回避する弁護士

万が一交通事故にあってしまった場合、事務手続きは弁護士にまかせて体の治療に専念しましょう。そして治療が進み元の健康体になってきたら症状固定の認定を必ず医師の方からいただきましょう。そして後遺症の等級認定と症状固定までにかかった医療費が算出されたら交通事故の加害者と示談交渉に入ります。しかし後遺症の等級認定は一回で適正な認定が出る事が少なく、またこれらの事務手続きや事故解決までの判断や手続きは素人の判断では解決できない場合があるので、必ず弁護士と相談しましょう。

雨が起こすトラブル情報