離婚問題は弁護士へ

離婚と親権は弁護士へ相談

離婚時に弁護士を雇う理由

性格の不一致や、もろもろの理由で別れることを決めても、すぐに離婚できるわけではありません。相手が応じてくれないというケースもあるからです。お互いが納得して、きれいに別れるということはそう簡単な話ではないのです。子供がいる場合、どちらが引き取るか、養育費や養育権はどうするか、また相手に原因がある場合の慰謝料の請求など、自分ひとりの力ではどうすることも出来ないことがあります。その場合、スムーズにことを運ぶためにも弁護士に相談するとよいでしょう。

雨が起こすトラブル情報